TOPへ戻る

休診日・医療内容等のお問い合わせ・相談
お気軽にお電話ください。

0797-34-0400

皮膚科 芦屋柿本クリニック(ひふか あしやかきもとクリニック)

にきび治療

保険診療でニキビで荒れた顔のお肌を治しましょう。

 正常なお肌の表面には皮溝という格子状の溝が走って、肌に十分な水分が含まれています。
 顔のお肌の荒れている患者さまでも、首の皮膚は、白くにきびもなく拡大視すると正常なことがほとんどです(左の写真)。
 ところが顔のニキビで荒れたお肌は、表層の皮溝が削りとられて失われ、炎症で赤く擦り切れているのがわかります。
 毛穴も肌がすりむけた状態なのでむき出しになっています。お顔がかゆくて痛いという患者さんが多いのですが、ケガをしているのに近い状態なので、無理もありません(右の写真)。
 そして、こうなってしまう原因が、洗顔である場合も多いのです。 

 

保険診療のニキビ退治

 にきびは男女とも思春期から40歳代までに見られる症状で、皮膚の毛穴に化膿菌が入り膿(うみ)を持って腫れ上がるものです。
 膿をもったにきびを早く治すには、近赤外線スーパーライザーを当ててから、使い捨ての針で詰まっている毛穴の部分に小さな穴を開けて膿を出す、面ぽう圧出を行います。
 保険診療ですし、とてもきれいに治すことができます。

にきびの治療はオーダーメイド

 当院では、肌を傷つけない洗顔の方法や洗顔剤のご紹介、治療期間中のメイク方法を指導します。
 肌には自然に治る力が備わっているので、わざと傷つけるようなことをしなければ、お肌の状態は今日からよくなっていきます。
 生活上の注意点を理解していただければ、治る環境が整います。
 医院からは保湿剤と非ステロイドの外用剤を中心とした治療を提案することが多いです。
 その後の治り具合に合わせて、抗菌剤やその他のニキビ治療剤をミックスして処方します。
 皆さんが同じ治療ではありません。治療経過の段階ごとに処方は変わっていきます。
 炎症を鎮めてにきび跡を消すためには近赤外線スーパーライザーが効果的で保険適用の治療になります。
 またヒートマスク導入は、保険外ですが、にきびの修復を早めますので結果を急ぐ時にはおすすめしています。